アフィリエイト

【完全版】アフィリエイトでのドメイン名の決め方【おすすめ業者は2択】

【完全版】アフィリエイトでのドメイン名の決め方【おすすめ業者は2択】
アフィリエイトで使うドメインってどうやって決めればいいんだろう?
取得方法や設定方法なんかも知りたいな。

アフィリエイトを行う上で、ドメインは無料ブログを使わない限り必須で扱わなければいけません。

ここではドメインの選び方、取得方法や設定方法を詳しく解説してきます。

アフィリエイトで使うドメインって?必要性や取得の流れをざっくり

アフィリエイトで使うドメインって?必要性や取得の流れをざっくり

ドメインはサイトを作成する上で必ず取得しなくてはいけないものです。

当サイトだと「job-life-best.com」がドメインにあたります。
この独自に取得したドメインを「独自ドメイン」と呼ぶこともあります。

はてなブログやライブドアブログなどで無料でアフィリエイトする場合は、大手企業のドメインに相乗りするようなイメージですが、削除リスクもあるので本気でアフィリエイトするなら「独自ドメイン」でのサイト運営は必須です。

ドメインはweb上の住所を表しており、その住所にサイトという家を作るイメージです。
住所がないと家が建てられないのと同じようにドメインがなければサイトも作れないというわけです。
もし、ドメインがないサイトを作ったとしても、住所がないのでGoogleが見つけてくれずインターネットには公開できません。

ドメインの必要性はこんなところですが、取得の流れをざっくり解説すると、次の3ステップです。

  1. ドメイン名を決める
  2. ドメイン業者から取得
  3. サーバーに設定

サーバーに設定できたら、サイトを構築しはじめます。

では、次の項目からドメイン名の『決め方〜設定』まで詳しく解説します。

アフィリエイトのドメイン名の決め方・選び方

アフィリエイトのドメイン名の決め方・選び方

アフィリエイトのドメイン名は作成するサイトの内容に即した形で決めるのがおすすめです。

例えば、このJob Lifeというサイトのドメインは「job-life-best.com」でサイト名が入ってますね。
こういったサイト名を入れたり、脱毛ランキングサイトであれば「datumou-ranking」としてみたり、そのサイトのイメージに近しい単語を入れるのが良いです。

また、次のような日本語ドメインというものもあります。

マットレス大学.com

.comの前を日本語にすることができ、メリットとしてはユーザーに名前を覚えてもらいやすいというところがあります。

  • サイトの内容がすぐ分かる単語を入れる
  • 日本語ドメインもOK

「.com」の部分(TLD)はどれを選べば良いの?

ドメインは「job-life-best.com」のように、「job-life-best」の部分と「.com」の部分に分けられます。
.com部分は『TLD(トップレベルドメイン)』と呼ばれており、次のような様々なTLDを選ぶこともできます。

TLDの一部
.com
.net
.org
.info
.site
.tokyo
.me
.xyz
.jp

たまに.tokyoとか、.siteなどをつけたりする人がいるのですが、TLDは『.com』を選べばOKです。
もしくは『.net』でも可です。

理由はコストも低く、信頼性が高い(と感じる)からです。
正直、どれが上位表示しやすいとかいうのはないかと思うのですが(ここはわからない)ユーザーから見て、.tokyoとか、.xyzというのは、不審に思う人もゼロではないという意味で、『.com』、『.net』が無難です。(あと、jpは高い。)

.xyzは10円や30円で売ってることが多く、ペラサイトを何百サイトも量産する時には良いと思います。
それ以外なら.comか.netを選びましょう。

アフィリエイトのドメイン名の決め方の注意点

ドメイン名を決める時に注意しなければならないことがあります。

ドメイン決定時の注意点

  • ドメイン変更にはリスクと労力がかかるのでしっかり決める
  • 個別の商品名など、商標登録されているものは避ける
  • 25字以内に抑える
  • 運営履歴がないか確認する

注意点①ドメイン変更にはリスクと労力がかかるのでしっかり決める

特にブロガーさんとかで多いのですが、ドメイン名変えたい!と途中で思うこともあるようです。
実は、僕のこのサイトも途中でドメインを変えており、最初のドメインは
「ikumen-shacho.com」
でした。
育児ブログしようとしてたんですね・・。
それを仕事全般のメディアに路線変更して「job-life-best.com」としたわけです。

僕もやったように、ドメイン名の変更はできなくはないのですが、めちゃくちゃ面倒臭いのと、Googleの順位が下がるリスクがあります。
トラフィックはけっこう減る確率は高いのではないでしょうか。

リスクが大きく、労力もかかるので将来的にドメイン変更をしなくても良いように、最初にちゃんと決めておきましょう。

注意点②個別の企業名、商品名など、商標登録されているものは避ける

例えば、「kameda-seika.com」だと何を思い浮かべるでしょうか?

おそらく「亀田製菓」だと思います。

このように、企業名や商品名を連想させるようなものは避けましょう。

なぜなら、その商品と誤認されるとして企業から削除依頼がくることもあるからです。
一般的なワードやオリジナルのワードを使うようにしましょう。

注意点③20字以内に抑える

ドメイン名が長すぎると、次のデメリットがあります。

  • 覚えてもらいにくい
  • 入力しにくい

こういった理由から、あまり長いドメイン名はおすすめできません。
正直20文字も長いので、できれば15文字程度がおすすめです。

注意点④運営履歴がないか確認する

新しくドメインをとったと思っても、実は過去に運営歴があった!ということも良くあります。

過去の運営者がいらなくなってドメインを手放したら、誰でも取得できるからです。
運営歴があると、Googleが過去の運営歴の評価を引き継いでしまうので、正当な評価を受けれません。

ではどうやってチェックすれば良いかというと、WayBackMachineというサイトでチェックできます。

次のように、グラフが出てきた場合は過去の運営歴ありです。

次のように何も出てこない場合は、運営歴なしと判断できます。

アフィリエイトで使うおすすめのドメイン業者【ここは使うな】

アフィリエイトで使うおすすめのドメイン業者【ここは使うな】

ドメインはドメイン業者から取得するのですが、多くの業者が存在します。

一番有名なのはお名前.comです。

ただ、このお名前.comはおすすめできません。

どうしても使いたいのであれば止めませんが、正直めちゃくちゃ使いにくいのとメールが来まくるので僕はおすすめできません。
(たぶんユーザーのこと一切考えてないんだろうなあ・・)

これから始める人は、『バリュードメイン』か『ムームードメイン』をおすすめします。

ドメインをサーバーに設定する方法

ドメインをサーバーに設定する方法

ドメインを取得したら、サーバーに設定しましょう。

おすすめサーバーは【※無料あり】アフィリエイト用サーバー完全比較【おすすめは2つ】をご覧ください。

サーバーに設定するには、次のステップが必要です。

  1. DNS(ネームサーバー)設定
  2. サーバー上にドメインを設定

DNS設定は簡単にいうと、ドメインとサーバーを結びつける設定です。

例えば、Mixhostというサーバーを使うなら、次のDNS(ネームサーバー)設定をすることでMixhost上でサイト構築できるようになります。

ns1.mixhost.jp
ns2.mixhost.jp
ns3.mixhost.jp
ns4.mixhost.jp
ns5.mixhost.jp

具体的な設定方法は、別記事を書きます。

アフィリエイトで複数ドメインでサイトを作る意味とは?

アフィリエイトで複数ドメインでサイトを作る意味とは?
アフィリエイトで、今持っているサイトの他に新しくサイトを作ろう!と思ったりする時がくるかもしれません。

そんな時、新規サイト作成には次の3通りの方法があります。

  1. サブドメインを使う
  2. サブディレクトリを使う
  3. ドメインを新しく取る

①と②は、今持っているサイトの中に新しくサイトを作るイメージです。
一方で③は全く新しくドメインから取り、今持っているサイトとは別で運営する方法です。

③のように、複数のドメインでサイトを持つ意味というのは、リスク分散です。

Googleの順位というのは、ドメイン単位の評価が大きく関わってきます。
例えば、「aaa.com」というドメインの中に3種類のサイトを運営していたとすると、aaa.comというドメインに対するGoogleからの評価がガツンと落ちてしまった場合、運営していた3種類のサイトの順位が全部大幅に落ちてしまいます。

しかし、ドメインを複数持って運営していれば、aaa.comというサイトの評価は落ちた場合も、bbb.comは変化なし、ということになりリスク分散ができるわけです。

特に専業アフィリエイターはこういった感じで収益をドメインごとに分散させて、一部のドメインが飛んでしまっても(収益がなくなってしまっても)大丈夫な仕組みを作っていることが多いです。