仕事の悩み

月残業50時間って多い?体調に与える変化は?【リアルな回答】

残業50時間って大丈夫?が体調に与える変化は?

残業50時間ってどうなの?一般的?
体調が悪くなったりしないの?

そんな不安な声や疑問の声にお答えしていきます。

月50時間の残業って多い?違法?体調に与える変化とは?

月50時間の残業って多い?体調に与える変化とは?

月残業50時間というとどのくらい大変なのでしょうか?

 

『過労死ラインは80時間』と言われています。

 

「そう考えると、50時間であればまだ大丈夫なのでは?」

と思うかもしれません。

 

しかし、一般的に見て、月50時間の残業は多いと言うことができ、体調への変化も油断はできません。

 

残業50時間は違法の可能性も!労働基準法が関わってくる

 

月残業50時間は労働基準法が関わってくるレベルの多さです。

 

残業45時間を超えたら、会社は次の二つの条件を満たさなくてはいけません。

  • 36協定を結ぶ(残業する場合必須)
  • 労働監督署に届けを出す

これを満たさないと、『違法』になります。

36協定を締結したからと言って、無制限に残業させられるわけではありません。残業時間には「時間外労働の限度に関する基準」が定められており、この基準により例えば1か月45時間、1年360時間などの限度が示されています。

 

そもそも残業するのには36協定(サブロク)を結ぶ必要があり、かつ45時間以上残業するのであれば、労働監督署に届出を出す必要があります。

 

このように、国が45時間で残業時間にラインを設けているということは、50時間は明らかに働きすぎということになります。

 

ということはもちろん、体調に与える変化もそれなりに大きいことが容易に想定できますよね。

同じ月50時間でも『サービス残業』か、『残業代あり』かで大きく変わる

私の経験からすると、50時間は50時間でも、サービス残業か、残業代があるかで体調に与える変化は大きく変わってきます。

 

なぜなら、精神的辛さが全然違うからです。

 

働けば働いた分だけもらえる「残業代アリ」と、働いてもただ体力と気力だけ奪われる「残業代ナシ」だと、残業代ナシの方が明らかに体調を悪くする可能性が高いです。

私の場合は、「みなし残業」で、残業しなくても残業しても40時間分の給料がついているという契約で働いてましたが、それでも働いても働かなくても給料が変わらないという状況は、精神的辛さを与えてきます。

『恒常的な月50時間』か、『一時的な月50時間か』によって大きく変わる

『恒常的な月50時間』か『一時的な月50時間』かによっても、体調に与える変化は大きく違います。

 

一時的であれば、50時間程度であればまだ耐えられる人は多いでしょう。

 

しかし、それが2ヶ月、3ヶ月続くというのであれば話は別です。

 

実際僕も半年ほど、恒常的に残業50時間程度ありましたが、精神的、肉体的に限界が来ており、もう一歩遅ければウツになっていたでしょう。

 

それくらい恒常的な残業50時間というのは、体調に悪影響なのです。

月50時間は全国の平均残業時間よりも多く、きつい

月50時間は全国の平均残業時間よりも多い

全国の平均残業時間は47時間と言われています。

 

これを聞いてどう思いますか?

 

「平均が47時間なら、50時間程度だったらなんとかなりそう」

 

と思った人は考え方を変えてみた方が良いです。

 

平均47時間ということは、もっと少ない残業の人がたくさんいるということです。

 

僕の周りにも、年収500万、600万で残業ゼロという人はザラにいます。

恒常的に月50時間残業なら、辞めて転職すべき

恒常的に月50時間残業なら、転職すべき

もし、今あなたが恒常的に月50時間以上の残業をしているのであれば、「転職」を選択肢入れた方が良いです。

世の中の人は、転職に高いハードルを設けてしまっている人がいますが、実は転職はそんなに難しいことではありません。

考えてみてください。

 

「給料もアップして、残業も少なくしたい」というのは難しいかもしれませんが、
「給料が今と同じで、残業だけ少なくしたい」なら簡単に実現できそうな気がしてきませんか?
(実際は給料アップかつ残業減少も全然イケます)

 

望まない残業は、人生の無駄

仕事が好きで望んでやっている残業なら良いですが、望んでやっていない残業なら、その分、人生の時間を無駄にしています。

  • 年収を上げたい
  • 早く帰って自分の時間が持てる会社にいきたい
  • 努力が身を結ぶ会社にいきたい
  • もっと自分を認めてくれる会社にいきたい
  • ストレスが少ない仕事に就きたい

 

こんな考えを持っているのであれば転職するべきです。

そのために、まず、第一歩として、転職エージェントに登録することを強くおすすめします。

転職サイトを使っても良いのですが、次の理由から転職エージェントの方が良い企業に入社できる可能性が高まります。

転職エージェントのメリット

  • 転職サイトでは公開していない求人を紹介してもらえる
  • 面倒な面接の調整や年収の交渉等を代わりにやってくれる
  • エージェントの推薦で選考を有利にできる場合がある
  • 面接でよく聞かれる質問を教えてもらえる
  • 企業の内部情報を教えてもらえる
  • 完全無料で利用できる

もし、「今のところまだ転職までは考えられない」という人も、エージェントの登録だけはしておくことをオススメします。

なぜかというと理由は2つあります。

 

  • 登録することによって「転職という選択肢」ができ、心持ちが変わるから
  • ストレスや疲労の限界が来た時には、転職サイトへの登録すらできなくなるから

 

転職エージェントに登録するだけで、「最悪転職すれば良い」という気持ちを持つことができ、精神的に楽になり今の仕事へも好影響を与えることができます。

 

また、僕の経験からいくと、本当に限界が来た時には転職サイトへの登録すらできなくなります。

でも、登録さえしておけば、気になる求人をストックしておくこともできるので、本当に限界が来る前にリカバリーできます。

求人数を網羅するという意味で、次の3社は必須で登録すべきです。

次の転職エージェントランキングも参考にしてみてください。

 

仕事を辞めるための3つの手順も合わせてご覧ください。

https://job-life-best.com/quit-job/