仕事辞めたい

コールセンターが合わない、辞めたい人は研修中でもすぐ辞めるでOK

コールセンターが合わないから辞めたい

 

「コールセンターが合わない・・辞めたい・・」

こんな状態のあなた。

コールセンターで働くと、想像とのギャップも大きく、「合わない・・辞めたい」となることも多いようです。

今回は、そんなコールセンターを辞めたいと言う人のために、すぐ辞めてOKの理由をお話していきます。
例え研修中でもすぐ辞めるでOKです。

コールセンターが合わない人は多い

コールセンターが合わない人は多い

コールセンターはバイトを雇ったりしているところも多いため、誰でもできるという印象がありますが、決してそういうわけではありません。

 

離職率の高さからも分かりますが、多くの人が「自分にはこの仕事は合わない」と思っている仕事です。

 

今回は主に受信業務について話しますが、受信業務だけでもかなりの膨大な知識を頭に入れる必要があります。

 

たとえば、キャンペーンの場合の価格設定や、支払い方法、商品の到着日などをお客様に合わせて伝えなければいけないなど、お客様の状況や質問によって的確な答えをする必要があるので、かなり大変な仕事です。

 

また、クレームを言ってくるお客様対応をしなくてはいけないので、メンタルもある程度強くないとやっていくことができません。

このように、覚えることも多く、メンタル的にも大変なのですぐに辞めていく人も多いのです。

覚える内容が多いため、研修期間も長くとってあることもよくありますが、研修中に挫折する人も少なくありません。

コールセンターは誰でもできると思ったら大間違い。

このように、かなりハードで能力を必要とする職種なんです。

コールセンターが合わないならすぐ辞めてOK

コールセンターが合わないならすぐ辞めてOK

コールセンターは合わないならすぐに辞めてOKです。

その理由は次の2点です。

合わないなら辞めてOKの理由①給料が低い

コールセンターは求められる能力の割には給料が安いことが多いです。

研修までやったことがある人は分かると思いますが、やたらと覚えることが多いんですよね。

しかも覚えたことをお客さんからの質問に応じて声に出して瞬時に伝えなくてはならない。
なかなか至難の技です。

PCスキル、電話応対スキル、クレーム対応スキルなどいろいろなスキルが求められるんですが、その割には給料が低い。

けっこう買い叩かれてる場合が多いと思いますよ。

研修中に辞めた人は正解だと思います。

合わないなら辞めてOKの理由②クレームで精神をすり減らす

あとはクレームの量が半端じゃない職場もありますよね。

まあ、商品とお客さんの一時窓口なんで当然ですが、中にはいろいろなお客さんもいるんで、罵声を浴びせられることもありますね。

気にしない人はいくら言われてもスルーできますが、気にしいの人はかなり精神的に堪えるでしょう。
真面目な人ほどちゃんと対応しようとしてドロドロと深みにはまっていく。
気付いたら精神的にやられていて鬱になった、という話も聞きます。

精神衛生上良くない環境なんですよね。

合わないなら辞めてOKの理由③労働環境が良くない

コールセンターはクレームが多いこともあり、周りもイライラしていることも多いです。
そのため、緊張感がすごくてずっと肩を張っているという職場も少なくありません。

また、SVが厳しい場合は常に監視されたり、怒られたりすることもあるので、伸び伸びと仕事ができる環境ではありません。

 

給料も低く、労働環境も良くない。

電話応対のレベルを上げたいという人には良い環境かもしれませんが、それ以外の人には厳しい環境と言わざるおえないと思います。

 

全てのコールセンターがそうではないですが、こんな職場が多いはずです。

コールセンターが務まらないならどこも務まらない?

コールセンターが務まらないならどこも務まらない?

「コールセンターが務まらないとどこも務まらないんじゃ・・」

なんて思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、答えは「そんなことはない」です。

 

前述したように、コールセンターの仕事はなかなかハードです。
とっさの判断力とか、応用力、クレームへの対応力などのむずかしいスキルも必要になってきます。

これができる人はぶっちゃけ、もっとかなり良い職場で働けると思いますよ。
給料ももっともっと上がっていると思います。

 

コールセンター業務ができない人も、別に仕事ができない訳じゃありません。

 

ただコールセンター業務が「合わない」だけです。

他に合う仕事なんていっぱいあるはずです。

 

例えば、「事務」や「営業事務」、「製造業」や「企画職」などです。

 

消費者と接しないような職種であれば、とっさの判断力などはさして必要ないですからね。
僕の知り合いでも、「コールセンターの研修中に辞めました」って人もいますが、そのあと営業事務で普通にうまくやってますからね。

必ずしもここに挙げたものだけが合う訳でわありませんが、参考にしてみてください。

コールセンターを辞めたい人が転職で大成功するポイント

コールセンターを辞めたい人が転職で大成功するポイント

コールセンターを辞めたい人は辞めてOK。

合わないものは合わない。

合わないところにずっといても人生の損です。

 

でも、次の仕事では失敗したくないですよね。

 

そこで、次の転職を成功させるためのポイントををご紹介します。

 

そのポイントとは、転職エージェントに登録することです。

 

転職エージェントは転職をプロがサポートしてくれるサービスです。

これの何が良いかというと、転職エージェントは様々な企業とパイプを持ってます。
そのため、求人サイトには書いていない企業のホントのトコロが聞けることもあるんです。

なので、あなたの希望とマッチしない企業に転職してしまう可能性を減らすことができるというわけです。
ブラック企業に転職してしまう可能性も大幅に減らすことができます。

また、普通の求人サイトや転職サイトにはない非公開求人も転職エージェントは多数持っているので、条件の良い企業に入社できる可能性が格段にアップします。

 

もし、「やはりまだ転職は早いかも・・」という人も、転職エージェントへの登録だけは済ませておくことをおすすめします。

なぜなら、心身ともに疲労が限界にくると、転職サイトへの登録や求人探しすることすらできなくなってしまうからです。
でも、今のうちからエージェントに登録して気になる求人だけでもストックしておくと、限界が来る前にリカバリーすることもできます。

無料で使えるサービスなのでフル活用しないと損です。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス