仕事辞めたい

「そろそろSEを辞めたい・・」そんな女性はどこに転職すべき?

SEを辞めたい女性

 

「そろそろSE辞めたい・・・」

こんな思いを持っている女性は多いのではないでしょうか?

そんな女性は、心配せずに辞めてOKです。

どんな職種に転職すれば良いか、元SEの僕がおすすめの職種もお話します。

SEは激務!辞めたい女性は辞めてOK

SEは激務が多いんですよねえ。

残業が100時間超えることもザラという企業も多く、ずーっと続けるには体力が持たない。。という人も相当数いるでしょう。

実際に、僕のSE時代の元女性の同期や周りの新卒でSEに就職した女の友達も、30代になった今はほとんど辞めて他業種に転職しています。

ぶっちゃけ男でも体力的にきついのに、体力が男性よりも一般的にない女性なら、なおさらSEはきついですよね。

これを長期間続けるのは少し無理があります。

もし管理職になれたとしても、さらに労働時間が長くなる可能性すらあります。

年齢が上がって来れば上がってくるほど体力も低下しますし、下手をすると体を壊してしまう可能性すらでてきます。

激務のSEは特に女性は辞めても仕方がないと思います。

女性SEは結婚を期に転職を考えることも多い

あとは結婚を期にSEからの転職を考える女性も多いですね。

SEは残業が多く、ワークライフバランスが取れないので、結婚をしてしまうと家事ができないから辞めるという選択肢も仕方がないことです。

女性SEはどこに転職するのがおすすめ?

女性SEが辞めるのは仕方がないことです。

しかし、辞めるにしても、どこに転職すれば良いのか?という疑問が湧いてくると思います。

僕の元同期や周りの友人の女性がSEから転職に成功した職種をざっと挙げてみました。

ライフワークバランスを重視したいなら

 

  • 同業界の総務、事務
  • 社内SE

 

結婚したり、自分の時間を持ちたい等で、ワークライフバランスを重視したい人はこんな職種が良いと思います。

同業界の総務、事務であれば、業務の流れはある程度把握できているはずなので、仕事も比較的苦もなく覚えることができるでしょう。

また、社内SEも何か開発をしたりするわけでもないので、納期に迫られて残業するということも無くなります。
基本的には社内のシステムの何でも屋さんのような立ち位置なので今までの仕事の経験も役に立つため、非常におすすめの職種です。

SE時代の経験を生かす専門職なら

 

  • 自社でサービスを持っているWebエンジニア

 

これからも専門職としてやっていきたいという人はWebエンジニアがおすすめです。
特に、自社でサービスを持っている会社のWebエンジニアであれば顧客がいないので自分の意思をサービスに反映させることも比較的可能です。

例えば、クックパッドなどをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

ただし、自社でサービスを持っていない請負型の制作会社は激務なので辞めておいた方が無難です。
Webエンジニアを目指すのであれば、あくまで自社サービスを持っている会社に絞りましょう。

一念発起!自分を変えたいなら

  • 営業職

SEが肌に合わず、まったく違う業界でチャレンジしたい!という人は営業をやってみるのも一つの手です。
SEのように、デスクワークも少なく、ほとんどの時間を外で過ごし、経営者をはじめ、様々な人たちと出会うことができるので、人間的な成長も見込めます。

そして、自分の力で稼ぐことができたという達成感も得ることができるので、自分に自信を持つこともできるのが営業職の魅力です。

ただし、営業は合う合わないが激しいのはデメリットです。

女性SEが転職で失敗しないためにやるべきこと

SEを辞めたいと思っている女性は辞めるべきです。

この高齢化で人手不足が進んだ時代なら転職はチャンスにもなります。

この時代であれば自分の思い描くような条件の企業へ入れる可能性も高いです。

 

ただ、やはり転職では極力失敗したくはないですよね?

 

そこで転職に失敗しないために必ずやっておくべきことがあります。

それは、転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントというのは、転職活動を無料でプロのエージェントが徹底サポートしてくれるサービスです。

転職のプロがあなたの職歴や性格、考え方を見て、アドバイスをしてくれるので、自分では気付かなかった適正のある職種に気付くこともできます。

普通の求人サイトには載っていないような、優良企業の非公開求人も転職エージェントは多数抱えているので、条件の良い企業に転職できる可能性もグッとアップします。

また、面倒な書類提出や面接の日程調整、年収の交渉なども全てエージェントがやってくれるので、有利にに転職活動をすすめることができるのです。

 

もし、「やはりまだ転職は早いかも・・」と思っている人も転職エージェントの登録だけは済ませておくことをおススメします。

なぜかというと、転職エージェントに登録して求人を見るとこで【転職という選択肢】が具体的になります。
すると、「最悪転職すればいいや」という心持ちになることができるので、失敗を恐れずに仕事ができるようになるんです。
そうすると、今の仕事のパフォーマンスも上がりますよ。

転職エージェントは1円もかからないサービスなので、フル活用した方が良いです。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス