仕事辞めたい

1年目でも仕事辞めたいなら辞めても問題なし【3社経験した僕が語る】

1年目でも仕事辞めたいなら辞めても問題なし
仕事辞めたい・・・けど1年目だし、まだ続けた方が良いのかな・・?

結論から言うと、仕事を辞めたいなら1年目で辞めても大丈夫です。

僕は中小企業でSE→大手証券会社で営業→独立失敗→ベンチャーでWebディレクター→独立という経験を持っています。

そんな僕が仕事を新卒1年目で辞めたいと思っているあなたに、1年目で辞めても問題ない理由を伝えます。

 

正直、このページを僕が新卒1年目に見ていたら、人生が早い段階で良い方向に変わったと思うくらいの記事になっています。

この記事のポイント
  • なぜ1年目で仕事を辞めても良いのかが分かる
  • 1年目で仕事を辞めない方が良い人が分かる
  • 1年目で辞めるリスクが分かる
  • 1年目で辞めた人が次の仕事で失敗しないためにやるべきこと

仕事辞めたいなら1年目で辞めても大丈夫な理由

仕事辞めたいなら1年目で辞めても大丈夫な理由

仕事を辞めたいという人が1年目で辞めても大丈夫な2つの理由からお話します。

理由①:1年目で辞めてる人は山ほどいる

実は、1年目で辞めている人は山ほどいます。

厚生労働省のデータによると、1年目の離職率は全体で13%です。

3年以内の離職率に至っては、30%以上、実に3人に1人の割合で辞めています。

今回の取りまとめにより、新規高卒就職者の40%以上、新規大卒就職者の30%以上が、就職後3年以内に離職していることが分かりました。

 

このデータで何を言いたいかと言うと、別に「みんな辞めてるから辞めてもいいじゃん!」ということを言いたいわけではありません。

こんなに辞めてる人がいるのに、全国で路頭に迷っている人がいないということを言いたいんです。

会社辞めたら次の仕事が決まらなくて飢え死にした・・というニュースを聞いたことがありますか?

ないですよね。

たまに、計画もなく勢いで会社を辞めてしまったら人生終わった・・みたいな不安を煽った記事を見ますが、ぶっちゃけ完全に大げさに書いてますね。

1年目なんてほぼ新卒と変わりません。

未経験でも入れる業界や会社なんていくらでもあります。

 

理由②:むしろ、辞めたい仕事を続ける方がリスク

むしろ、辞めたいと思うほどの仕事を続ける方がリスクです。

なぜなら、どんどん時間を無駄にして転職しにくくしているからです。

 

新卒1年目の人は会社の先輩や上司などから「3年は続けなさい」と言われたことがある人は多いのではないでしょうか?

でも、辞めたい仕事というのは高い確率で、いつか辞めます。
これは3人に1人が3年以内に仕事を辞めていることからも明らかです。

3年続けてもやっぱり辞めたい!という状況なら、3年間を我慢しただけで無駄にしているといっても過言ではありません。

 

確かに、3年で何かしらのスキルは付いているかもしれませんが、もっと自分に合った会社でスキルをつけた方が効率もよく、精神衛生上も確実に良いです。

しかし、現実は新卒1年目の人はその会社しか知らないので「3年は続けなさい」という言葉が正しいと思い込み、我慢して自分をすり減らしながら仕事を続けていくことも多いんですね。

 

すごく重要なので、繰り返します。

 

辞めたい仕事を3年も続けるのは時間の無駄です。

それなら、自分に合った仕事を見つけるために時間を使いましょう。

とはいえ、1年目で仕事を辞めない方が良い人もいます

無理して辞めない方が良い人もいます。

それは次のような人たちです。

 

  • 別に今の仕事に不満はないけど、なんとなく辞めたいと漠然と思っている人

 

正直、こういった考えの人は次の転職で失敗する可能性が高いです。

なぜなら、仕事に対する軸が決まっていないからです。

逆に言うと、例えば

 

「年収500万円を目指したい」
「こんな仕事がしたい」
「ライフワークバランスが取れる仕事をしたい」
「今のひどい労働環境から抜け出したい」

 

というような明確な目的があれば、その目的に合った会社に絞って活動すればいいだけなので、転職活動も成功する可能性が高いです。

しかし、なんとなく辞めたいという人は自分の軸が決まっておらず、もし転職しても次の会社でまた不満が出ることが多いです。

軸が決まっていない人は必ず軸を決めてから転職活動をするようにしましょう。

仕事辞めたい!1年目で辞めたらリスクはないの?

仕事辞めたい!1年目で辞めたらリスクはないの?
仕事を辞めたいなら1年目だろうが辞めた方がいいっぽいことは分かった。
でも、リスクはないの?

もちろん、リスクはゼロじゃありません。

なぜなら、1年経たずに仕事を辞めたことを良しとしない企業も中にはいるからです。

しかし、しっかりとした理由があればほぼノーダメージです。

そもそも、1年目で辞めたという理由で落とす企業は古い体質が抜けきれていないような会社の場合が多いです。

1年目で辞めた人が次の仕事で失敗しない方法

1年目で辞めた人が次の仕事で失敗しない方法

1年目で仕事を辞めた人が次の仕事で失敗しない方法をお話します。

「目的」と「やりたい仕事」を明確にする

「目的」と「やりたい仕事」を明確にする。
結論はこれです。

『目的』というのはなんのために転職するのか?ということ。

例えば

「年収をあげたい」
「パワハラから抜け出したい」
「もっとプライベートが充実できる仕事につきたい」

ということです。

 

『やりたい仕事』はどんなことが自分はやりたいのか?ということです。

営業職なのか、事務職なのか、はたまたクリエイティブなのか?それとも・・・
ということですね。

 

しかし、目的は見つけやすいですが、『やりたい仕事』というのは自分では見つけにくいと思います。

 

そこでおすすめは転職エージェントを使うことです。

転職エージェントを使うと転職支援のプロが面談してくれるので、その中で「あなたが何をやりたいのか」というのを客観的に分析してくれてアドバイスをくれます。

また、その他にも転職活動にあったってたくさんのメリットをもたらしてくれるので、転職活動には必須のサービスです。

 

転職エージェントを使った方が良い理由を詳しく知りたい場合は次の記事をご覧ください。

→【僕の転職エージェント体験談】転職するなら必ず使うべき理由

 

というわけで、結論を繰り返すと、仕事を辞めたいなら1年目で辞めても問題ありません。

無駄な仕事を続けるよりも、自分に合った仕事を追い求めて豊かな人生を実現しましょう。