仕事の悩み

仕事で自分一人に負担が集中・・・【こうすれば状況は好転!】

仕事で自分一人に負担が集中

「仕事で自分一人に負担が集中してる気がする・・・」
「他にも暇そうな人がいるのになんで自分だけ・・・」

 

そんな思いを抱えている人に、どう動くと状況が好転するかお話していきます。

 

仕事で一人に負担が集中している時の対策方法

仕事で一人に負担が集中している時の対策方法<

仕事であなた一人に負担が集中している時に、どうすれば良いか、対策方法を4つ提案したいと思います。

あなた一人に負担が集中した時の対処法①アラートを上げる

まず、一つ目の方法は、アラートを上げるです。

上司にはっきりと

 

「業務量が多すぎて対応できません。誰かに分担してください」

 

と言いましょう。

ここで、もしかすると「甘えるな」とか「今から他の人をジョインさせるのは難しい」などと言われるかも知れません。

しかし、言わなければ状況は変わりません。

もしかすると、人員を補充してくれるかもしれません。

一人に負担が集中した時の対処法②「他の社員に仕事を振る」

仕事を他の社員に振るのも対策の一つです。

後輩がいれば後輩に振っても良いですし、いなければ他の同僚に振るという手もあります。

ただ、その会社によって、仕事の振り方にルールがあるようであればそれに従いましょう。
例えば、「仕事を振る相手の直属の上司に話を通す必要がある」というルールは組織であればよくあります。

 

「どうやって仕事を振るか?ということを考えたことがなかったな」という人は一度考えてみても良いかもしれません。

 

一人に負担が集中した時の対処法③「優先順位を付け直す」

優先順位を見直してみるというのも一つの手です。

 

優先順位というのは、その状況によって刻々と変わっていくものです。
「重要だと思っていたものの優先順位が下がっていた」なんて良くあること。

 

重要ではないものを後回しにしていくだけで、状況は楽になるかもしれませんよ。

 

一人に負担が集中した時の対処法④転職する

最後の対策方法は、「転職する」です。

 

①〜③の方法を試してみても良いのですが、実際一時しのぎ感は否めず、根本的な解決になりません。

 

なぜなら、「職場環境はそう簡単に変わらない」からです。

 

一時的に仕事を分担してもらっても、仕事を振ってみても、また気づいたら「あなた一人に負担が集中している状態」に戻っている可能性は高いでしょう。

そう考えると、実はこの「転職」が一番根本的に解決できる方法なのです。

 

仕事の負担が一人に集中する理由

仕事の負担が一人に集中する理由

あなた一人に負担が集中する理由はなんでしょうか?

 

「たまたま?」
「頼みやすいから?」

 

いいえ、違います。

 

それは、「あなたが人並み以上に仕事ができるから」です。

 

上司の立場になってみてください。
重要な仕事を仕事ができない人に頼もうとは思いませんよね?

実は、あなたが優秀で仕事ができるから頼まれるという場合がほとんどなんです。

負担が一人に集中する不公平な職場はいるだけ無駄な理由

負担が一人に集中する不公平な職場はいるだけ無駄な理由

ぶっちゃけた話、不公平な職場はいるだけ無駄です。

仕事ができるあなたにとってはリスクしかありません。
その理由を詳しく書くと、3つあります。

いるだけ無駄な理由①ネガティブ思考が自分を支配する

「なんで自分だけこんなに忙しいんだ・・・」
「あの人は仕事していないのに、給料が同じなんておかしい・・・」

あなた一人に仕事の負担が集中していると、当然こんな思考が生まれてきますよね。

この思考は実は良い思考ではなく、確実にあなたの成長を妨げてしまいます。

良い思考というのは、「絶対この仕事を成功させてやる!」とか「このメンバーでなら、完遂できる!」といったポジティブな思考です。

ネガティブな思考しか生み出さない会社にいるうちは、人生レベルで損してしまいます。

いるだけ無駄な理由②精神衛生上よくない

仕事であなた一人に負担が集中していると、プレッシャーや責任も集中してくることになります。

つまり、精神的負担が誰よりも大きくなっているということ。

適度なプレッシャーなら良いですが、過度なプレッシャーや責任は精神を壊してしまう可能性すらあります。

仕事で一人に負担が集中するということはメンタル面でのリスクも集中することになるということです。

いるだけ無駄な理由③肉体的にもリスク

あなた一人に負担が集中するということは、労働時間も長くなります。

すると、当然ながら肉体的疲労も大きくなっていきます。

一般的には、残業80時間が過労死ラインと言われていますが、通勤時間などのストレスも考えると、人によってはもっと少ない時間で潰れてしまう可能性もあります。

仕事で一人に負担が集中するということは、肉体的にもリスクを抱え続けることになるのです。

仕事の負担が一人に集中しているなら、転職という選択肢を持とう

 

よく、「できる人ほど最初に辞めていく」という話を聞いたことはありませんか?

 

これは、できる人ほど自分がこれ以上成長できない職場には見切りをつけるのが早いからです。

そして、どんどん自分が成長できるところ、条件が良いところに移り変わっていきます。

そうしないと、人生の無駄だと知っているからです。

 

あなた一人に負担が集中している状況なら、「転職」という選択肢を持っておいた方が良いです。

 

まず、転職への第一ステップとして、転職エージェントへの登録を強くおすすめします。

 

転職エージェントという転職のプロが面倒な手続きを全て行ってくれるので、仕事が忙しい人でもスムーズに転職を進めることできます。

また、普通の転職サイトにはない非公開求人を持っているのは全て転職エージェントなので、良い企業に転職できる確率もグッと上がります。

もし、「まだ転職は考えられない」という人も、転職エージェントへの登録だけは今しておいた方が良いです。

どうしてかというと、転職エージェントに登録することによって「いざとなったら転職すればいい」という心持ちになることができるからです。

すると、たとえば上司に「人員を増やして欲しい」という意見を言う時にも、「嫌われたらどうしよう」という思いを抑えて思い切って発言することができます。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス

僕の転職エージェント体験談も合わせてどうぞ。