仕事の悩み

残業代出ないのに残業するなんて馬鹿馬鹿しい!今すぐ辞めるべき

残業代出ないのに残業

「今日も残業代が出ないのに残業・・これって普通なのかな?」

そんなことを思っているあなた。

たしかに、その会社しか知らないと「残業代が出なくてもしょうがないのかな・・・」

と思ってしまう気持ちもわかります。

でも、本当のところは、残業代が出ないのに残業するなんて馬鹿馬鹿しい!

その理由をお話します。

残業代出ないのに残業するのが馬鹿馬鹿しい理由

実際問題、残業代が出ないのに残業するのは馬鹿馬鹿しいです。

残業代が出ないのは無銭飲食と同じ

残業代が出ないのに、残業するということは、あなたが会社に与えるだけ与えて、何も対価をもらっていないという状態です。

これ、おかしくないですか?

マックでハンバーガー食べたら対価として、お金払わないと逮捕されちゃいますよね?
もし、あなたがマックの店員で無銭飲食を見つけたら、「おいおい!ちょっと待てよ!」ってなりますよね。

でも、なぜか残業代を支払われなくても、「しょうがないか・・」となる人が多い。
相手(会社)は無銭飲食をしているのに。

あなたには損しかない

当然会社には得しかありませんが、あなたには損しかありません。

好きでもない会社に対して、ボランティア活動をしているようなものです。

好きで本当にボランティア精神でやっているなら止めませんが、会社というのは生活費を稼ぐためのツールとして使っている人がほとんどだと思います。

それなのに、会社にボランティアしてどうするんだっていう話です。

残業代出ないのに残業はそもそも違法

そもそものところで言うと、残業代が出ないのは違法です。

率直に言うと、残業代が出ない会社は違法性が非常に高いでしょう。大前提として、会社は時間外労働(残業)をしたのであれば、正当な賃金(残業代)を支払う義務があります。

みなし残業は別です。
ただし、みなし残業代が給与に含まれている会社も、それを超える労働時間に対して賃金が出ていないのは違法です。

なので、残業代が出ないのに残業するような会社は、馬鹿馬鹿しいという以前に法律に違反してしまっているという訳です。

「管理職だから残業が出ないのは仕方ない・・・」
と考えている人も、名ばかり管理職だと違法の可能性があります。

気になる人は次のサイトの記事を読んで見てください。

管理職に残業代が出ない理由と未払い残業代を取り戻す方法

 

違法的に残業代が出ない会社に、いつまでもいる必要は一切ありません。

 

残業代出ないのに残業させる会社はすぐに辞めるべき

残業代が出ないのはそもそも違法なので、そんな会社はすぐに辞めて転職すべきです。

残業代が出ない会社というのは、「時間」と「お金」の両方を失っています。
明らかに人生を無題にしてしまっていますよね。

「でも、他の会社に就職できるかもわからないし・・・」

と思っているあなたも、まず一歩動き出してみることを強くオススメします。

今のご時世、過去の就職氷河期とは180度時代が違います。
高齢化社会で人手不足が深刻化しているため、完全な売り手市場になっているんです。

昔は企業が人を選ぶ時代でしたが、今は人が会社を選ぶ時代です。

残業代が出ないような会社は働き手に選ばれず、どんどん衰退していくでしょう。

将来的に見ても、残業代が出ないブラックな企業に属することはリスクがあるのです。

具体的な転職活動の第一歩は、転職エージェントへの登録です。

転職エージェントは、有名企業の非公開求人を数多く抱えているので、条件の良い企業に転職できる確率が圧倒的にアップします。
また、エージェントが面倒臭い面談設定や書類の提出も全て行ってくれるので、忙しくてもスムーズに転職活動することができますし、完全無料なので使わないと損です。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス