退職代行の基礎知識

退職代行で有給消化できる?【※98%の確率で消化可能なのはココ】

「退職代行を使っても有給消化はできるの?」

退職代行を検討している人で、有給消化ができるのか不安に思っている人は多いと思います。

有給消化できるできないで、もらえる給料の額も変わってくるので、重要な問題ですよね。

ここでは、退職代行を利用しても有給を消化できるのか?どこを使えば有給消化確率が上がるのか?を解説していきます。

退職代行を使っても有給消化できる?

まず、最初に結論ですが、退職代行サービスを使っても有給消化自体は可能です。

有給消化というのは、労働者の権利なので、会社側は有給は消化させないといけません。

また、基本的に退職代行を使って即日で辞める場合は、2週間有給消化して辞めることになります。

これは、民法で『退職の申し出から2週間で辞めることができる』と定められているので、2週間を有給消化にするわけですね。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
民法第627条

※有給がない場合って即日退職できないの?

有給消化とは少し話が逸れますが、もし退職前に有給を取得してしまっていて残っていない場合は「欠勤扱い」にしてもらうことになります。

2週間欠勤扱いにすれば即日退職できるということです。

退職代行業者もその流れで進めてくれるので、安心してください。

有給消化を拒否されたら退職代行業者は何もできない

有給消化は労働者の権利であり、会社側は有給消化をさせないといけないのですが、稀に拒否してくる会社もあります

拒否というのは、労働基準法違反の可能性すらあるのですが、もし拒否された場合は、退職代行業者は何もできないのが実情です。

なぜかと言うと、退職代行業者は「退職の意志を代わりに伝える」ことしかできず、それ以上のこと(有給消化の交渉や残業代の交渉)をやってしまうと弁護士法という法律に触れてしまうからです。

なので、退職代行を利用する段階で、なるべく有給消化の実績のあるところに依頼するのが良いです。
弁護士法違反にならない程度にサポートしてくれるからです。

有給消化率ほぼ100%の退職代行業者はココ!

有給消化の消化率を公開している退職代行業者もあります。

おすすめはニコイチかSARABAです。

SARABAは次のように、有給消化率98%の実績があります。

 

ニコイチはほぼ100%の確率で有給消化可能です。
ホームページにも、次のように記載があります。

 

 

退職代行を使って有給消化を拒否された場合の対処法

万が一、会社側に有給消化を拒否された場合も対応策があります。

その方法は、「弁護士が運営する退職代行業者に対応を依頼する」ということです。

弁護士であれば、有給消化の交渉も法律上問題なく可能です。

ただし、最初から弁護士に頼む場合は退職代行料金が高くなるので、まずはニコイチかSARABAに依頼し、万が一有給消化できなかったら弁護士運営の退職代行業者に対応をお願いするのが良いでしょう。

「汐留パートナーズ法律相談事務所」という退職代行であれば、着手金無料、成功報酬20%で依頼できます。

リスクを避けるためには、「着手金無料で成功報酬からもらいます」という法律事務所を選ぶのが良いです。

次の記事で、弁護士が運営する退職代行業者の料金を比較しているので、参考にしてみてください。

退職代行で弁護士を使った方が良い場合は?【おすすめ弁護士業者6選】 退職代行業者の中には、弁護士が請け負っているところもあります。 ここでは、退職代行を弁護士に依頼した方が良い場合や...

 

退職代行選びで迷ったら?

退職代行業者、全38業者を「料金」や「成功率」、「実績」、「法律の強さ」などの観点から徹底比較し、数値化してランキングを作成しました。

退職代行業者選びで迷ったら、次のランキングを参考にしてみてください。