仕事辞めたい

仕事を辞めたいのに言えない時の対処法【状況別の最善策はコレ!】

仕事を辞めたいのに言えない・・

仕事を辞めたいのですが上司に言えない場合。本当に言いづらくて言えない時はどぉやって辞めればいいのでしょうか?
yahoo知恵袋

このように、仕事を辞めたい辞めたいけど言えない人はかなり多いと思います。

ここでは、仕事を辞めたいけど言えない時の理由別の対処法をご紹介します。

仕事を辞めたいけど言えない!理由別の対処法

仕事を辞めたいけど言えないのは、次の4つの理由に大別できると思います。

  1. 気まずくなりそうで勇気が出ない
  2. 人手不足で迷惑をかけそうで言えない
  3. 上司が怖すぎる
  4. 親や家族に反対される

この理由別に、対処法を確認していきましょう!

『気まずくなりそうで勇気が出ない』時の対処法

この場合、次の2つの対処法があります。

  • 気まずくなることは一過性に過ぎないと考える
  • 先に転職先を決める

まず、辞めると伝えたら基本的には多少は気まずくなることは避けられません。
しかし、これは伝えた時の一瞬に過ぎないことがほとんどです。
いくら長くても、辞めるまでの期間を耐えれば済むことです。

そもそも、もう辞める会社と気まずくなったとしても、あなたの人生に与える影響はゼロです。
辞めた会社の上司などとは、特別仲良くなければ一生会うことはありません。
僕は今まで3社辞めてますが、仲の良かった同僚以外とは一度も会ってないですよ。

どうしても言えなそうであれば、先に転職先を決めるのが有効です。
決めさえすれば、必ず言わなくてはいけない状況を作り出せますし、転職先が決まっていれば引き止められるということもないでしょう。

『人手不足で迷惑をかけそうで言えない』時の対処法

「人手不足で迷惑をかけそうで言えない」こんな時は次の2つの対処法が有効です。

  • 人手不足はあなたのせいではないと考える
  • 先に転職先を決める

そもそも、人手不足はあなたのせいではないのですよ。
人手不足は会社のミスか怠慢です。
「適切に人材を配置できていない」か、「コストをケチっている」か、「うまくビジネスを回せてない」かのどれかです。
そんな会社のミスや怠慢に、あなたが気を使う必要は、これっぽっちもありません。
そう考えると、言えそうじゃないですか?

もし、それでも言えない場合は先に転職先を決めちゃいましょう。
先にデッドラインを決めることで、必ず言わなくてはいけない状況を作ることができます。

『上司が怖すぎる』時の対処法

上司が怖すぎるというのは、やっかいですね。
あなたがその上司から常に精神的に追い込まれているというのが容易に想像できます。。

この場合、次の辞め方が有効です。

  • 先に転職先を決める
  • 退職代行を使う

先に転職先を決めておけば、言わざる負えない状況を作り出すことになりますので、有効な対処法になります。

それでも言えない場合は、退職代行を使うと良いです。
退職代行というのは、文字通り退職を代行してくれるサービスです。

上司に直接自分から言うこともなく、会社に出社することもなく辞めることができます。

退職代行については、次の記事を参考にしてみてください。

退職代行サービスとは?【メリット・デメリットや利用するための全知識】 退職代行サービスは急激に普及してきたとはいえ、「そもそも退職代行とはなんぞや?」という人もけっこう多いと思います。 ...

『親や家族に反対される』時の対処法

親や家族に反対されるという理由で、言えないという人もいるでしょう。
その場合は次の解決策が有効です。

  • 先に転職先を決める

親や家族が反対するのは、あなたを心配してのことです。
次の転職先を決めていれば、

具体的な手順は、次の記事をご覧ください。

仕事を辞めたいと親に言えない時のたった3ステップの解決策 親に仕事を辞めたいと言えないという人は多いようですね。 いざとなるとやっぱり親に今年いっぱいで仕事辞めたいって言え...

対処方法をまとめると

対処方法をまとめると、次のようになります。

言えない理由 対処方法
気まずくなりそうで勇気が出ない
  • 気まずくなることは一過性に過ぎないと考える
  • 先に転職先を決める
人手不足で迷惑をかけそうで言えない
  • 人手不足はあなたのせいではないと考える
  • 先に転職先を決める
上司が怖すぎる
  • 先に転職先を決める
  • 退職代行を使う
親や家族に反対される
  •  先に転職先を決める

 

仕事を円滑に辞めるための2つのアクション

仕事を円滑に辞めるために進めておきたい2つのアクションがあります。
この2つをやっておくだけで、グッと辞めるのが楽になります。

引き継ぎ資料を作っておく

引き継ぎ資料を作っておくと、辞めたいと伝えた時に気が楽ですし、伝えやすくなります。

「○月○日に辞めたいと考えています。引き継ぎ資料は作っておきましたので、私がいなくなっても問題ありません」

と伝えれば、上司も納得しやすいです。

必須ではないですが、やっておくとかなり円滑に辞めれるようになりますね。

あらかじめジャブを打っておく

あらかじめジャブを打っておくというのは、どういうことかというと

例えば「今後、こういう案件があれば辞めるかもしれません・・・」とか、「同じように残業が続くようなら辞めるかもしれません・・」と、上司に伝えておくことです。

この人は辞めるかもしれない、と匂わせるということですね。

これは意外と有効で、いざ本当に辞めたいと伝えた時に「やはりか・・」となって受け入れられ易くなります。

これも必須ではないですが、やっておくと辞め易くなりますね。

仕事を辞めたいと言えない時の最上の解決策

仕事を辞めたいと言えない時に、やはり一番有効な解決策は

先に転職先を決める

ですね。

転職先を決めてから辞めると、「引き止められにくい」、「伝えやすい」というのはもちろんですが、他にもメリットが多いです。

  • キャリアに空白が出ない
  • 無収入の期間が出ない
  • 焦って転職活動する必要がない

キャリアに空白も出ないですし、貯金が無くても次の会社に移れます。
辞めてから転職活動をすると、貯金が尽きる恐怖と戦わなくてはいけないですが、その必要もありません。

転職活動には、転職エージェントを使うことをおすすめします。
というよりも、転職エージェントなしの転職活動はちょっと無理ゲーです。

やろうと思えばできなくもないですが、労力がかかり過ぎるのと、良い会社に転職できる可能性が低くなります。

無料で使えるので、確実に使っておきましょう。

転職エージェントのメリットが分からないという人は次の記事をご覧ください。

転職エージェントに登録するメリット・デメリット【利用すべき人は?】 こんな疑問を抱えている人はいると思います。 結論としては、転職エージェントは確実に利用した方が良いと言えるのですが...

登録すべき転職エージェントが分からない場合は、次のランキングをどうぞ。