仕事の悩み

今の仕事が潮時だと判断すべきタイミングは・・?

今の仕事が潮時だと判断すべきタイミングは・・?

 

「仕事が潮時かもしれない・・けど、まだやれるような気もする・・・」

私もそんなモヤモヤしていた時期がありました。

 

でもそろそろ、その気持ちに決着をつけませんか?

 

今の仕事が潮時だと感じるタイミング

今の仕事が潮時だと感じるタイミング

仕事が潮時だと感じる人が多いタイミングを調べてまとめてみました。

大きく分けると、仕事が潮時と感じるタイミングは「5つ」あるようです。

 

潮時と感じる時①これ以上成長が望めないと思った時

まず一つ目の潮時だと感じるタイミングは、この会社にいてもこれ以上成長は望めない・・と思った時です。

「この会社ではやり切った!」という場合もあるでしょうし、「そもそも、成長できるような仕事を任されない」という場合もあるでしょう。

いずれにせよ、「これ以上居ても成長できない」と思ったら潮時だと感じる人が多いようです。

潮時と感じる時②人間関係に疲れた時

これは思い当たる人は多いと思いますが、人間関係に疲れた時は潮時と感じ易いです。

仕事自体は楽しかったのですが、人間関係に疲れ、我慢の末に7年間勤めたKビールを去りました。

いくら仕事にやりがいを感じてようと、仕事自体が楽しかろうと、人間関係が悪ければストレスで長続きはしないでしょう。

潮時と感じる時③給与の不満が大きくなった時

仕事というよりも、給与面の不満が続いた時にも潮時と感じる人が多いようです。

いくら頑張っても給料が上がらないのと会社に将来性がないとわかりすぐやめした

ベースの給料が低かったり、同僚よりも明らかに結果を出しているのにも関わらず給料が横ばいだったりした場合、当然不満は感じやすいですよね。

潮時と感じる時④会社の将来性を感じなくなった時

このまま会社に居続けても、会社そのものの業績が停滞、もしくは下降している場合にも潮時と感じる人が多いです。
確かに会社の業績が伸びないと給料も伸びないですし、将来に不安も感じやすいですよね。

会社に将来性が無いと強く感じたとき、顧客数現象、事業縮小、売上げ低下など

潮時と感じる時⑤職場のブラック性が垣間見えた時

一般的にブラック企業と呼ばれていたり、会社の信頼性に欠ける行為を目の当たりにした時に潮時と感じる人は当然多いです。

部下に責任をなすりつける上司の姿を見たとき。

38度の発熱で欠勤の連絡を入れたところ、上司から注射を打って出勤しろと言われたとき。

社員旅行中にワンマンな会長から冗談交じりで「ここにいる女子全員クビにしてやろうか」と言われたとき。

パワハラ、過剰な長時間労働、女性であればセクハラに合った時などは言うまでもなく潮時ですよね。

調べた結果、この5つのタイミングで、今の仕事が潮時だと感じる人が多いという結果でした。

仕事が潮時だと感じたら、辞めた方が良い理由

仕事が潮時だと感じたら、辞めた方が良い理由

実際のところ、このように潮時かも・・・と感じたら確実に辞めた方が良いです。

 

なぜなら、これは大袈裟でもなんでもなく、人生を無駄にしているからです。

 

一度しかない人生なのに、

 

「潮時な気がするけど、まだしばらくはこのままでいいか・・」

 

と先延ばしにしていると、どんどん無駄に人生を消化していくだけです。

潮時と感じているということは、「今の現状を変えたい」と思っているはずですので、すぐに動き出すべきです。

潮時と感じる人へ。次の職場をより良いものにするためにやるべきこと

潮時と感じる人へ。次の職場をより良いものにするためにやるべきこと

動くといっても、まずは大したことをする必要はありません。

まず、準備として転職エージェントに登録すれば、全ては動き出します。

今はまだ、他社の求人情報なども見ていない状態だと思いますが、紹介された何社かを見ているうちに、「こんな条件の会社もあるのか!」とどんどん転職に対してイメージが湧いてきます。

 

まずは一歩行動することが大事なんです。

 

転職エージェントを使うと、書類作成のサポートや面接対策も行ってくれるので、一人で転職活動をするよりも圧倒的に転職の成功確率が上がります。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス

僕が転職エージェントを使った体験談も合わせてどうぞ。