転職・キャリアアップしたい

地元に帰りたい!絶対後悔しないUターン転職をする方法

地元に帰りたいから転職したい

 

「勢いで都心にでてきちゃったけど、やっぱり地元に帰りたい・・・」
「地元が恋しい・・地元で働きたい・・」

そんな思いを抱えながら仕事をしているあなた。

地元はいいですよねえ。
気の許せる昔からの友達もいるし、家族もいる。
育った風景は心を落ち着かせてくれます。

地元、最高!

もやもやした思いを抱えながら仕事をしているくらいなら、地元に帰るために転職しちゃった方が良いです。

「地元に帰る前に先にスキルを身につけるべき」

みたいな意見も聞きますが、無視してOKです。

そもそもあなたの言うスキルってなに?という話ですが、地元の企業で働くなら、その企業でスキルをつければいい話です。

この記事では、絶対後悔しないUターン転職をするための方法をお話していきます。

地元に帰りたい!Uターン転職を実現する方法3つ

Uターン転職を実現するための方法は3つあります。

地元の企業に直接転職する

まず王道は地元の企業に直で転職しちゃうということです。

でも、地元の企業だと

「面接とか帰らなきゃならないし、大変じゃない?」

と思うかもしれませんね。

確かに、地元でしか面接をしていない企業であれば、帰省して面接を受ける必要がありますので、複数の企業を1日で受けたり、綿密なスケジュールを立てる必要もあります。

しかし、企業によっては首都圏での面接も可能にしているところがあるので、そういった企業を受けるのもひとつの手です。

Uターン転職フェアなどをも開催しているので、そういったものに参加してみるのも良いでしょう。
首都圏での面接も可能な企業の情報蒐集は、転職エージェントを使うことによって簡単にできるので登録しておくことをおすすめします。

私がオススメする転職エージェントはこちらをご覧ください。

地元に帰れる全国展開の企業に転職する

地元が本社で、東京に支社がある企業などもあります、

そういった企業に転職をすれば、東京で働いたあとに将来的に地元に戻れるということも可能です。
運が良ければ最初から地元で働けるという可能性も十分あります。

面接やエントリーの段階で、地元に戻りたい旨を話せば、地元に帰るという目的を果たすこともできるでしょう。

エントリーの時点で、そういった企業を知りたい場合も、転職エージェントと相談するのが効率的です。

地方でフリーランスになる

地方でフリーランスになるというのも一つの選択肢としてはあります。

今は記事を1つ書くだけで1000円程度収入が入ったりするので、100記事書けば単純計算で10万円です。

もし、実家で暮らすのであれば家賃などの固定費はないので、最初は10万円程度の給料でもやっていける人もいると思います。

興味がある人はフリーランスに挑戦してみてもよいかもしれません。

地元で働くメリット・デメリット

「地元に帰りたい気持ちもあるけど、本当に転職していいか悩んでる・・」

そんなあなたのために、地元で働くメリット・デメリットをまとめてみたので、一度頭を整理してみましょう。

地元で働くデメリット

 

  • 給料が下がる傾向がある
  • 首都圏に比べて会社の数が少ない

 

デメリットとしては、やはり首都圏と比べると給与水準は落ちるので年収が下がる傾向があることです。
しかし、その分物価は低いので実際は生活水準は特に変わらない場合が多いでしょう。

また、首都圏に比べて会社の数は少ないので転職時の選択肢が少なくちょっと戸惑うかもしれません。

地元で働くメリット

 

  • 物価が低い
  • 昔からの友達という支えになる存在がいる
  • 住み慣れた地域なので、精神衛生上とても良い
  • 親と接する時間も増えるので親孝行しやすい

 

まず、経済的な部分からいうと、『物価が低い』というのがメリットです。
給与水準は少し下がるかもしれませんが、物価も低いため、生活水準はむしろ上がった!という場合もあるようです。特に、家賃が首都圏と比べると雲泥の差があるというのが大きいようですね。

また、地元の友達という最強の心の支えも常に近くにいます。
苦しくなったらすぐに相談できるというのは本当に精神的支えになってくれます。

親も常に近くにいることになるので、親孝行もしやすいですね。

「気づいた時にはもう親はいない」という言葉もあるくらいなので、後悔しないように、親孝行してあげるチャンスにもなりますね。

地元に帰りたいという理由の転職は甘え?

「地元に帰りたいから転職するというのは、甘えじゃないの?」

と考えてしまう人もいますが、はっきり言います。

まったく甘えじゃありません。

気持ちの良い環境で暮らしたいというのは当然の考えです。

むしろ、働きたくない会社や環境でずっと我慢して、思考停止している人よりも、良い環境で生活できる地元に帰るように努力している人の方がずっと幸せになれると思いますよ。

地元に帰りたいという考えは甘えではなく、生活環境を良くしようとあなたがしっかり考えた結果です。

自信を持って地元に帰ってOKです!

地元へのUターン転職で失敗しないために必ずやること

 

地元へUターン転職をする時、絶対失敗したくありませんよね?

Uターン転職で失敗しないために必ずやっておくことがあります。

それは、転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントというのは、転職活動を無料でプロのエージェントが徹底サポートしてくれるサービスです。
特にUターン転職では、首都圏で面接を開催している企業の情報などを仕入れたり、全国展開している地方企業の情報を手に入れたりと、さまざまな企業情報を手に入れる必要があります。

転職エージェントに相談すると、あなたに合った求人を選別して紹介してくれるので、情報収集の手間が省けます。

また、転職のプロがあなたの職歴や性格、考え方を見て、アドバイスをしてくれるので、自分では気付かなかった適正のある職種に気付くこともできます。

普通の求人サイトには載っていないような、優良企業の非公開求人も転職エージェントは多数抱えているので、条件の良い地元企業に転職できる可能性もグッとアップします。

面倒な書類提出や面接の日程調整、年収の交渉なども全てエージェントがやってくれるので、有利にに転職活動をすすめることができるのです。

 

もし、「やはりまだ転職は早いかも・・」と思っている人も転職エージェントの登録だけは済ませておくことをおススメします。

なぜかというと、転職エージェントに登録して求人を見るとこで【転職という選択肢】が具体的になります。
すると、「最悪、転職すればいいや」という心持ちになることができるので、失敗を恐れずに仕事ができるようになるんです。
そうすると、今の仕事のパフォーマンスも上がりますよ。

転職エージェントは1円もかからないサービスなので、フル活用した方が良いです。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス