転職・キャリアアップしたい

仕事が暇すぎて転職したい人へ|次はどこへ行ったらいいか教えます

仕事が暇で転職したい

「仕事が暇すぎて転職したい・・」

そんなあなたに向けて、「次の転職に対する心構え」と、「どんなところに転職したら良いのかのポイント」をお話していきます。

仕事が暇すぎて転職するのはもったいない?

「暇でお金もらえるなんて羨ましい」
「退職なんてもったいない」

仕事が暇すぎると知り合いへ愚痴った時に、こんなことを言われた経験があるかもしれません。
ネットの知恵袋なんかでもこういった回答を見たことがあるかもしれませんね。

正直、こういった回答をする人は無視した方が良いです。

なぜなら、自分は経験したことがないからです。

羨ましいとか、もったいないとか言っている人はほぼ100%の確率で暇すぎるという状況を経験したことがありません。

僕は数ヶ月暇すぎる状況を経験したことがあるので、そのストレスは十分わかっているつもりです。

あなたが、暇すぎるストレスを抱えているのであれば、想いにしたがって自信を持って転職すればOKです。

仕事が暇ならラッキー!転職に時間が使いまくれると考える

ちょっと考え方を変えると、仕事が暇ならラッキーと捉えることもできます。

なぜなら、仕事が暇だと転職に時間が使いまくれるからです。

忙しい人は転職活動をしたくてもできない人もいます。

その点あなたは、業務中も求人情報を漁り、面接にも融通を利かせて行くこともできますよね?
業務中はパソコンやスマホを使うのが難しいという人も、面接の回答を考えたり、トイレに行ってスマホをいじることもできるはずです。

忙しい職場にいる人に比べるとかなりの転職に有利な状況にいるので、ラッキーと考えてみましょう。

次はどこへ転職したら良い?転職先のポイント

では、仕事が暇すぎて転職したいという人はどんなところへ転職すれば良いのでしょうか?

事務職はなるべく避ける

まず、事務職はなるべく避けた方が良いです。

もちろん、忙しい事務職もありますが、暇な時と忙しい時のギャップが大きい傾向にあります。
事務作業が多い月末は忙しくて、その他は暇、というような事務職も少なくありません。

やはり、継続的にある程度の仕事がある方が暇なストレスはかかりにくいですからね。

残業20時間程度のところを狙う

現在の職場が暇すぎるから転職したいと言っても、次の職場で残業が多すぎる場合はギャップに苦しむことになります。

なので、狙い目は残業月20時間程度のところです。

1日1時間程度の残業になるので、忙しすぎず、暇すぎずというちょうど良い職場の可能性がかなり高いです。

もし、どうやって会社を選べば良いか分からないという場合は、残業20時間を基準にしてみてください。

次も暇な仕事に転職しないためにやるべきこと

仕事が暇すぎるという人は、大きなリスクを抱えています。

現に、暇というストレスに悩まされて、うつになったり、障害が出るという人もいるほどです。

私も前の職場が暇すぎて、社会不安障害になりました。
やっぱり暇って精神的に良くないんですね。

 

そういった職場はすぐに退職して、健全な会社に転職すべきです。

 

まず、転職にあたって必ずやるべきことがあります。

それは、無料で使える転職エージェントへの登録です。

転職エージェントは、たくさんの企業の情報を知っています。
求人情報に載っていないようなリアルな情報も教えてくれることもあるので、転職先に失敗する確率が格段に減ります。

また、普通の転職サイトには載っていないような非公開求人をたくさん抱えているので、転職先の選択肢が広がり、良い条件の企業から内定が出る可能性がグッとアップします。

もし、まだ本格的に転職を考えてなくても、転職エージェントへの登録だけは今すぐしておくことを強くおすすめします。

なぜなら、暇なストレスが限界に達してしまうと精神的に疲労してしまい、いざとなった時には転職サイトへの登録すらできなくなるからです。
今のうちから気になる求人情報だけでもストックできていると、いざ転職活動を始めようと思った時にもスムーズに行動に移すことができます。

 

僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントが所有する求人は、全体の80%が非公開の人気企業です。
(人気企業なので、応募が殺到するのを避けるために非公開としてリクルートが管理しています。)

また、リクルートエージェントは他社に比べてエージェントの質が高いです。
的確にアドバイスをくれ、仕事も早いので転職をスムーズに行うことができます。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス