転職・キャリアアップしたい

元営業マンが語る、営業は辞めた後が強い理由

「営業ではなく別の道に進みたい」
「次にステップアップしたい」

そんな人に伝えたいです。

辞めてOK!
むしろ営業は辞めた後が強い!

ということを。

 

営業は辞めた後が強い理由

営業は辞めた後が強い理由は3つあります。

基本的なビジネススキルが身についている

営業マンはどんなに売れない営業マンでも、基本的なビジネススキルは身についています。
ビジネススキルと言ってもそんなに難しいことではありません。

名刺交換や顧客との挨拶、簡単なコミニュケーションのことです。

ぶっちゃけ、営業マン以外の職種ではこれができていない人がたくさんいますので、こんな簡単なことができるだけでひとつの「強み」になります。

キャリアチェンジが可能

営業からのキャリアチェンジが難しいと思っていませんか?

だとしたらそれは勘違いです。

営業からキャリアチェンジは十分可能です。

例えば、私の例であれば営業職から転職活動した際に、Web業界のディレクターを志望しましたが、「顧客管理=マネジメントスキル」という強みを打ち立てて、何社も内定をもらいました。

転職時の評価が高い

営業職は転職時の評価が高いです。

特に厳しい営業職であれば営業職であるほど、評価が高い傾向があります。

例えば、保険業界や証券業界などの営業職であれば、厳しい世界で少なからずやってきたというのが高く評価さますし、それほどの業界でなくともコミニュケーションスキルやビジネスマナースキルがある程度あると思われるので、自然と評価は高まります。

営業マンには3種類いる

営業マンには3種類います。

  • 成果報酬型の営業が合っている人
  • ルート営業型の営業が合っている人
  • そもそも営業が合っていない人

成果報酬型の営業が合っている人

ノルマがあっても、ある程度成果報酬で返ってくるのが合っている人です。
努力すればするほど見返りが欲しい、適切な評価をされたいと言う人が合っています。

ルート営業型の営業が合っている人

ルート営業は営業先が決まっていて、そことの関係を良好に保つ役割です。

数字に追われることもないので、営業とは言ってもノルマもなく精神的には楽な職種です。
その代わり成果が反映されることはほとんどありません。

人と話すのは好きだけど、ノルマに追われたくないという人が合っています。

そもそも営業が合っていない人

営業職に就いたけど、営業が肌に合っていないという人もいます。
正直、合わない人は合わないのが営業職です。

私もたくさん営業職を見てきましたが、合う人と合わない人は二極化しています。

特に、合わない人はすぐに転職した方が良いです。

営業からの次のステップはどうすれば良い?

あなたが「ノルマがあるバリバリの営業」が嫌なだけであればルート営業に変更するのは簡単です。
転職エージェントに登録して、ルート営業の求人を紹介してもらいましょう。

しかし、そもそも営業がいやだったり、別の職種にチャレンジしたい人はどうすれば良いでしょうか?

マネジメントをする

営業というのは、部下をあまりもたない人もいるのでマネジメント力が弱いと思っている人もいるかもしれません。
しかしそれは違います。

なぜなら、営業職は顧客をマネジメントしているからです。

営業は複数の顧客を持っている場合がほとんどです。
その複数の顧客を同時に対応している時点でマネジメント能力が培われています。

企画職を目指す

営業職と親和性が高い職種は企画職です。
営業というのは、お客様との会話や商品に対して常にアンテナを張っています。

企画職の重要なポイントは会社の外にアンテナを張って情報を得ることです。
それを企画の仕事に落とし込むという感じですね。

営業職で培ったアンテナは企画職でも多いに役立つでしょう。

ぶっちゃけ、なりたいと思えば何にでもなれます

マネジメントや企画職を例として出しましたが、ぶっちゃけなりたいと思えば何にでもなれます。

大事なのは、「自分はどこでなら努力できるか?」です。

もし、営業が合わないと感じているのであれば「自分はなんとなく人とあまり接しない方が合いそうだな・・」と思っているはずです。

そう言う場合は経理とか人事などの、バックオフィス系の業務でも良いわけです。
人事に入りたい場合は、「営業職で人の見る目を養いました!」など、転職時にアピールできるところはたくさんあります。
プログラマーやデザイナーも未経験で採用してくれるところはたくさんあります。
「元営業」というのは、人事からするととても魅力的に見える存在です。

今の営業職に疑問を感じているなら、早く次の自分に合ったものを見つけましょう。

自分に合わない仕事は人生の無駄

営業職が自分に合っていると思う人はそのまま続ければOKです。

しかし、営業職を辞めたいと思っているのであれば、今の仕事を続けるのは人生の大きな損失です。

嫌嫌やる仕事ほど無駄なものはありません。

まず、第一ステップは転職エージェントに登録することからはじめましょう。

転職エージェントに登録することによって、急に人生が動き始めるのが分かると思います。
僕が8社使った転職エージェントの中でも特にオススメなのが、リクルートエージェントです。

まず、どこよりも先にリクルートエージェントに登録しておくことをオススメします。
なぜかというと、求人数と求人の質が圧倒的に良いからです。

特に非公開求人が多く、どこも公開していないような大手の求人などを紹介してくれます。

もし、今すぐに転職を考えていない人も登録だけはしておくと、動きたい時にすぐに動けますし、質の高い求人情報が流れてくるので具体的に転職をイメージできるようなります。

 

良質な求人情報が見れる転職エージェントはこちら。
>>リクルートエージェント転職支援サービス

 

もし、一社だけで不安という場合にはリクルートエージェントと合わせてDODAも登録しておけば安心です。
リクルートエージェントにもない求人情報が流れてきて、リクルートエージェント並のサービスが受けられます。
>>DODA転職支援サービス